〈鎌倉〉行列の出来ない古民家カフェ?!「喫茶ギャラリーAKI」絶品ヘルシーランチと秘密の宝箱

こんにちは~!a_nです^^

今日は鎌倉にある古民家カフェのご紹介です。

実は今回ご紹介する「喫茶ギャラリーAKI」さんは、私の母のお友達が経営していらっしゃるお店で、私も子供の頃に何度となくお泊まりに行っていたお家なんです。笑

それが、

知らないうちにカフェになっていた…(母は知っていた…笑)

と言うわけで、いつもは勝手にオススメカフェをご紹介しているだけのこちらのブログですが、今回はがっつり取材させて頂きました!(世間話しただけとも言う。笑)

本当に楽しくて美味しかったので、書きたいことがありすぎるんですが、語彙力が追い付く気がしません…!

もしこの記事を読んでお店に興味を持ち、実際に足を運んで頂けましたら、是非「よこはまあんぐる見て来ました!」とマスターや奥様に言ってみてくださいね^^

そうすると・・・

私が褒められると思います(キリッ)←それだけかい!笑

 

「喫茶ギャラリーAKI」場所とアクセスについて

「喫茶ギャラリーAKI」はJR鎌倉駅から徒歩10分。

鎌倉駅東口改札を出て、若宮大路沿いを由比ヶ浜方面に進み、由比ヶ浜歩道橋手前の角を曲がり鎌倉女学院を過ぎた少し先にあります。

鎌倉女学院を過ぎ、滑川を渡って直ぐに古民家が見えてきます
元は酒屋さんだったため、その名残の酒店の看板が目印です。
外観正面はこんな感じ。大きい家ですね…!ここの2階でよく暴れていたわけです。笑

建物の入り口は看板横の少し奥まったお洒落な引き戸。

看板の横が入り口の引き戸です

最初この引き戸の小さい枠をくぐって入店するのかと思いました(アタマワルイね…笑)

ノスタルジーを愉しむ喫茶室

アンティークなランプの下には手書きの可愛いメニュー表♪

一歩店内に入ると、そこはもうもうノスタルジック!大正浪漫!の世界。

商品を並べている棚ひとつ取っても趣があります。

2007年にギャラリーとしてオープン。2014年にギャラリーに併設する喫茶を開業し今年で7年目になるこちらのお店。もともとは大正時代から続く酒屋さんでした。(ちなみに私が遊びに行っていた頃もまだ酒屋さんでした)

「古民家カフェ」と呼ばれる由縁は当時の建物をそのまま利用しているから…という事もありますが、実は逆リノベーションしてより一層アンティークに仕上げているんです。

と言うのも、オーナーのAKIさん何年も「○○ちゃんのおじちゃん、○○ちゃんのおばちゃん」と呼んできたので改めてこうやって紹介するの恥ずかしい笑は、木工細工なども手掛ける職人さん。喫茶やギャラリー、家の中に至るまで様々なもののリノベーションを自らも行い、現在の形に仕上げて行ったそうです。

入り口の看板もオーナーが手掛けたもの。自給自足が過ぎる!笑

実際、私がお泊まりに行っていた頃の方がもっと今時っぽい造りのおうちでした。久しぶりに行ったら凄いアンティークになっていて驚きました。時間を掛けてそれを作り込んでいったなんて凄いなあ。

ちなみにリノベーションの際に使用した木材や家具には顔馴染みのお店から譲り受けた廃材であったり、オーナーご夫婦のそれぞれの実家から受け継いだものなどもあるそうで、鎌倉の古き良き繋がりも感じられるエピソードですね。

 

後半のトピックでは、長い歳月を経て完成したと言う素敵な「あるもの」のお話をしますので是非最後まで読んでくださいね!

実食レポ:気になるニューと価格帯!

こちらがメニュー表です

衝撃!メニュー表がスケッチブックです!

読みやすいこちらの文字もオーナーの手書き^^

さらに、開くと中身も手書きです!!!笑

なんともレトロで可愛いと思いませんか??初めて見たときは「スケッチブックて!!(゚Д゚)」とびっくりでしたが、お店の雰囲気にはめちゃめちゃ合ってますよね^^

フードメニューとスイーツは写真付きで紹介されています。

そして、実際にオーダーしたキーマカレーがこちら。

正真正銘手作りキーマカレー!

キーマカレー/820円

インドスパイスと無塩カレールウを使った本格派キーマカレーは食べ応え抜群な上にヘルシーで罪悪感がない!笑

スパイスを感じるのに辛さは控えめで野菜の甘みを感じられます。もちろんお肉も使っているんですが、雑穀ご飯との相性もあり「お、いま私、お野菜を食べているな」と思える食べ心地です。

鎌倉にはカレー屋さんが本当に多いですが、カレー好きさんには是非そのリストに加えて欲しい逸品です。

敢えてオムライスになってないのもいい。笑

チキンライス/820円。

こちらは昔ながらの優しいお味のザ・チキンライス!そう、老若男女みんな好きなやつです^^

そして、

たまご付いてるのに・・・!

敢えて包まないスタイル・・・!

っていう所が個人的にツボ♡憎らしいですね。笑

あっさりと食べやすいチキンライス。こちらも細かく刻んだお野菜が使用されています。

 

何れのフードメニューも十六穀米が使用されており、食感もとてもよく満腹感もかなり得られるメニューです。ちなみにフードメニューには単品メニューにもなっている自家製ピクルスがもれなくついてきますよ^^

食器類も味わいがありますね^^

酒かすレアチーズケーキ/510円

喫茶ギャラリーAKIの名物、酒かすを使用したレアチーズケーキ。

アルコール分を飛ばした酒粕を使用して作られているこちらのレアチーズケーキは、生クリームの量も通常のレアチーズケーキと比べ1/2と大変ヘルシー。でも全くそれを感じさせないコクのある美味しさ。

口に入れた瞬間ふわっと酒粕の香りが広がりますがそれが絶妙にレアチーズの風味とマッチして、しつこくさなく食べられるスイーツです。

たっぷりと入っています!

お豆腐チョコムース/510円

私が絶対に食べたーい!と思ったメニューがこちらの「お豆腐チョコムース」

湯呑みのような可愛い器に入ったこちらのムース、想像してたよりもボリュームたっぷり。一般的な喫茶店で出るムースだとかパンナコッタとかと比べても倍くらいの量があるのではないでしょうか。でもあっさりしているのであっという間に完食!

ほのかなチョコレートの香りにお豆腐の風味、あっさりとした後味で食後のスイーツにピッタリです。

メニューの詳細はこちらをご覧ください。「喫茶ギャラリーAKI 喫茶メニュー」

 

もともと喫茶としてコーヒーや紅茶くらいの提供だったものが、お客様のリクエストで軽食メニューも追加されたんだそうです。

オーナーと奥様の二人で切り盛りされていることからフードメニューは3品で限界なんだそうですが、どれもヘルシーで美味しいものばかり。沢山食べても胃もたれ知らず!健康志向な方へもオススメです。

喫茶利用も可能なレンタルスペースの和室

店内奥にはレンタルスペースとして貸し出しも行っている和室が2部屋用意されています。

1部屋での利用も、2部屋を繋げて人数を増やしての利用も可能です。

打ち合わせや商談での利用や控え室としての利用、撮影やワークショップでの利用などもあるんだとか。

1時間2100円から貸し出しを行っているほか、部屋が空いている場合には喫茶での利用も出来るとのことですので、気になる方は来店の際にお店の方に聞いてみてくださいね。

廊下も階段も雰囲気がありますよ
小さい頃はこの玄関からお邪魔してましたが今はあまり使用されていないようです

個人的にはこれだけの雰囲気のある古民家ですし、コスプレの撮影どうですか!?荷物もそのまま置けますし!って思いますけどどうでしょう?笑

和室のレンタルについてはこちらをご覧ください。「喫茶ギャラリーAKI 和室利用」

展示会も出来るギャラリースペース。普段は秘密の宝箱!

さあ、問題はここからです…。

もはやここからが本題と言っても過言ではありません。冒頭でもお話しした「あるもの」、そう、これこそがこのお店の【秘密の宝箱】工芸家AKIさんの真骨頂…。

それがこの「ギャラリーAKI」

私が心を奪われてしまったのが、ギャラリーの入り口に置かれた、こちらのミニチュアハウスです。

ほんと、見た瞬間声出たよね…。

入った瞬間思わず目を奪われるこちらのミニチュアハウス。

もともとオーナーの叔父さまが作った作品なんだそうですが、長い間しまい込まれて埃まみれだったものを、オーナーが引っ張り出し、1年以上にも渡り掃除と修理を重ねようやく展示出来るようになったと言う代物です。

その繊細な造りに時間を忘れて見入ってしまいます。

通りを歩いている気分になれる窓越しの景色。
サンシェイドは手巻きで開閉も出来ます…!

「LE PARIS」という店名部分。後からサインを付け直し、サンシェイドも作り直したそうです。元々のものと風合いを合わせるのも実に上手です。

実は仕掛けだらけのからくりハウス!

そしてこのミニチュアハウスはただの飾りではありません。

上の写真のように各階の壁は開くようになっているほか、至る所に仕掛けがあります。

1階部分のバーの照明が点き、オルゴールが2種組み込まれていて、それぞれ違う曲を奏でます。(このオルゴールも一度洗浄し油を差して音が鳴るように修理されたそうです)他にも実際に使用出来る小さな引き出しなどの細工も背面などに施されていたとか…。

最上階には暖炉が
2階は寝室、ロートレックの絵画が飾られています
古めかしい窓。カーテンなども修理し、また取り付けたそうです。
あれ…?そのワインボトルのラベルって…?^^
街角のポスターも手作り…!!!
街灯越しの風景
歩道に至るまで雰囲気バッチリ!

家具類は元々あったものに合わせ、オーナーが手作りしたものもあるそうですが、当時のものと見分けが付かないほど匠に作り込まれており、その職人技に唸るばかり。

他にも、このミニチュアハウスと対で作られたというもう一つのミニチュアハウス(レストラン)のお話なども伺い、素敵な写真も見せて頂きました。

色々なストーリーが詰まった宝箱のようなギャラリーです。

お店が混雑していない時間帯であれば、作品を見ながらゆっくりオーナーのお話を聞くことも出来るかと思いますので、ご興味のある方は是非この素晴らしい作品を見ていってくださいね!

正直私はこれを見ることが出来ただけでも今日は行った甲斐があったなと思いました。このミニチュアハウスだけで1時間くらい撮ってたと思う。笑

ちなみに、ギャラリー全体はこんな感じです。

現在はオーナーのお父様の作品が展示されています

コロナ禍になってからは、人を集めるイベントなどの自粛が相次いでいるため、現在ギャラリーの申し込みはほとんど無いそうですが、例年は定期的に展示会をされている方もいるのだとか。

お邪魔した2021年4月時点では、オーナーのお父様の写真家時代の活動写真が展示されていました。鎌倉の歴史を知ることが出来る貴重な資料の数々を見ることが出来ます。

ギャラリーに並ぶ写真の数々

「a_nちゃんもいつでもご利用どうぞ」って言われたけど、展示会出来るだけの写真が撮れるようになりたいですね。笑

ギャラリーの申し込みについての詳細はこちらをご覧ください。「喫茶ギャラリーAKI ギャラリー利用」

まとめ

お店の中を撮っているだけでもほんとにわくわくして楽しかった…!

いかがでしたでしょうか。「喫茶ギャラリーAKI」の魅力を存分にお伝えすることが出来ましたでしょうか…。

テンション上がりすぎて要所要所でただの私が出ちゃってすみません。笑

ちなみにこの記事のタイトル「行列の出来ない古民家カフェ」はオーナーのお話から拝借しました。笑

鎌倉の賑やかな通りとは真反対にありますし、確かに行列は出来ていないかもしれません。

でもだからこそ、ゆったりと静かで素敵な時間を過ごすことが出来ます。

ご飯もスイーツもヘルシーで美味しいですし、オーナーも奥様も本当に明るくてフレンドリー。是非足を運んで仲良くなってください、素敵なお話を沢山聞かせて貰えると思いますよ^^

鎌倉散策。いつもと違う道をたまには選んでみませんか?

ご来店お待ちしていまーす(*^O^*)

店舗情報

  • 店舗名:喫茶ギャラリーAKI
  • 所在地:神奈川県鎌倉市材木座1丁目4-5
  • 電話:0467-22-0930
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:月曜日・火曜日
  • 公式サイト:喫茶ギャラリーAKI

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です