<料亭からカフェへ>極上タルトと軽食「カフェ金澤園」<国登録有形文化財>

シーサイドライン沿線

こんにちは、a_nです^^

今回は横浜市にある国登録有形文化財指定の木造建築でもある「金澤園」さんの記事です。
料亭から旅館へ、そしてカフェへと時代に合わせた変化を遂げて、とっても利用しやすいお店になりました。
特にタルトは絶品です…♡

「カフェ金澤園」場所とアクセス


「カフェ金澤園」はシーサイドライン「海の公園柴口」から徒歩10分ほどの場所にあります。
住宅地にひっそりと佇むお店なので、少し見つけにくいかもしれませんが、ところどころ案内が出ていますのでそれを目印にしてみてください。
(今度写真でガイド作ってみます)

お店の雰囲気など

これが国登録有形文化財の木造建築かあ…!

お店の外観(入口)はこのような感じで、貫禄があります。

入口にはこのような案内が…

玄関口にはこのような案内がありますが、待てど暮らせど誰も来ませんでした…。笑
どうやら勝手に入って良かったようです。

玄関を上がると右手に引き戸のお部屋があり、そこがモーニング用のテーブル席になっています。
2階には畳張りのお座敷がありますが、そこは10時半から利用出来るそうで、朝の段階では見学のみ可能になっています。

奥にレジと調理場(カウンター)

テーブル席のお部屋の奥にレジがあり、先にお会計を済ませる流れです。

絶品タルト!メニューと価格について

モーニングのメニューです

モーニングのメニューはとてもシンプルに3種類。
この日はこの後も色々食べる予定があったのでモーニングではなくタルトセットにしました(朝からケーキかよって言わないで。笑)
タルトは通常サイズで1種類か、ハーフサイズで2種類か選択出来ます。

タルトは定番メニューの「クルミ」「バナナ」の他に「季節のタルト」があり、この日の季節のタルトは「抹茶」。
事前に調べて抹茶が食べたい!!!と思っていたので、1つめは抹茶に決定!もう一つをめちゃくちゃなやんだ末にバナナにしました。

それにコーヒーがセットで880円なのはコスパ良すぎでは…???

ハーフサイズなのに結構大きいぞ?!?!

到着したケーキセットがこちら。

(ハーフサイズとは…?笑)

と、言うくらい立派な量を頂けます。びっくり。
タルトが絶品と事前情報はあったんですが、本当に美味しかった♡
特に抹茶のタルトは絶品。
ねっとりと濃厚な抹茶で、迂闊にフォークを差したら抜けなくなりました!笑
(その様子はインスタでご覧ください。笑)

バナナの方はふんわりと香るバナナなのでタルトの味もしっかりと味わうことが出来ます。

コーヒーもタルトに合う主張しすぎないスッキリとした飲みやすさでした。

モーニングも食べに行ってきます!

高い木造の天井が気持ちいいし、装飾は今風でお洒落

今回は用事のついでに思いつきで行ってしまったので、ゆっくり写真を撮る時間もなくバタバタとしてしまいましたが、
次はがっつりモーニングかランチをしにお邪魔したいなあと思っています。

元が料亭と言うこともあり、働いている皆さんも愛情を持ってお料理されている感じが伝わる素敵なお店です。
季節のタルトが変わる度食べに行きたいなあ~^^

店舗情報

  • 店舗名:カフェ金澤園
  • 所在地:神奈川県横浜市金沢区柴町46
  • TEL:045-701-8664
  • 営業時間:平日10:30~15:00/土日8:30~16:00
  • 定休日:火曜日・水曜日
  • 公式サイト:カフェ金澤園

コメント

タイトルとURLをコピーしました