<撮影>山手西洋館 世界のクリスマス2019①<作例>

1年で1番楽しみにしていると言っても過言ではない、山手西洋館の装飾「世界のクリスマス」が今年も始まりました!

「世界のクリスマス」は今年で何と20周年を迎えるとの事で、特別なイベント等も開催されています。

可愛い写真が沢山撮れましたので、今回はpart①、part②に分けてのご紹介です!各館、撮影のポイントなども少しだけ入れています。

山手西洋館へのアクセスなど、基本情報についてはこちらの記事をご覧ください。

世界のクリスマス2019の期間と詳細

  • 開催日時 2019年12月1日(日)~12月25日(水)
  • 開館時間 9:30〜18:00

但し12/6、7、13、14、20~24は19:30まで開館

  • 会場 外交官の家、ブラフ18番館、旧山手68番館、ベーリック・ホール、山手234番館、横浜市イギリス館、山手111番館
  • 料金 入場無料

ライトアップと20回特別企画

▼キャンドルガーデン

12/21(土)日没~19:30 山手イタリア山庭園

※荒天の場合は翌日に延期

▼山手234番館イルミネーション

11/22(金)~12/31(火) 山手234番館

▼Sweet Mwmory in アメリカ山公園

11/22(金)~3/1(日)16:30~23:00 アメリカ山公園

▼20回記念 スタンプラリー

期間中の金、土、日と24日、25日の15日間

場所 ブラフ18番館・山手111番館のみ

ゴール先着で賞品あり

▼20回の思い出パネル展示

12/1(日)~12/25(水) 山手234番館 2階

外交官の家

テーマ国:アメリカ合衆国

装飾:森田朋子(Atelier Moet)

メインのダイニングテーブル

一歩踏み入れた瞬間に、「あ、アメリカだな」と分かる装飾です。赤・緑・金のクリスマスカラーでターキーを囲んで、手作り感いっぱいの暖かな食卓が表現されています。

クッキングカードを使用したユニークな装飾です
ターキー……美味しそう。笑
ナプキンは蝋燭を模してるんですね。
階段のアプローチ部分
ツリーの足元には沢山のプレゼント。私はこの子がいいです。笑

今年、2階部分の装飾はとてもシンプルでした。(因みに自分にハマるものはありませんでした…)

以前の記事でも書いていますが、外交官の家の1階はほとんどの場所が暗いので撮影が大変です。風邪などの影響はない撮影なのでSSは50前後、ISOは最大でも1000程度で撮影しています(Nikon D750)。最終的にレタッチで明るさを上げたりしているので、ISOはもう少しあげても良かったかもしれないです。

ブラフ18番館

テーマ国:オーストリア共和国

装飾:石井万里子(マインシュティール主宰)

ブラフ18番館と言えばこの窓際の装飾!と思っています

パプスブルク家の人々をイメージされて施されたという装飾はキラキラと格式高いイメージの物ばかり。歴史を感じるジュエリーには女性達が次々と溜息を漏らし見入っていました。

メインのダイニングテーブルには明るい日差しが差し込みます
立派なクラウン。重そうです。
よくこんなにブラフ18番館にピッタリなツリーがあったものだと言う驚き
窓辺に美しい装飾品
2階の寝室です
ビジューがキラキラと綺麗です

ブラフ18番館は日当たりが非常に良く、館の内壁も白いのでなるべく明るく明るく撮るようにしています。特に今回の装飾は明るい色が似合いそうな淡く可愛らしい物が多かったので、出来るだけ開放でふわふわきらきいら撮るようにしてみました。

ちなみにこの日は午前中の撮影だったのですが、実は1室日当たりが良すぎて影も出来過ぎて撮影困難なお部屋もありました。ちなみに下の写真なんですけど…。

後ろは潰れて前は白飛びです。残念。

とっても可愛いお部屋だったのに思うように撮れず…。時間があったらリベンジしてみようと思います。

旧山手68番館

テーマ国:パプアニューギニア独立国

装飾:イ ミリオリ アミチ(幸織、清水良太、峯岸今日子)

常夏気分のサンタ達が集合しています

世界のクリスマスのテーマ国の中で、唯一の夏のクリスマスとなるパプワニューギニア。緑の楽園と言うだけあって、植物を使用した装飾が魅力です。

入口でお迎えしてくれる彼が可愛すぎる!笑
パプワニューギニアの言葉でメリークリスマスと書かれています
クリスマスツリーも鮮やか!
いろんな色のちょうちょが止まっています
夜のピクニックでしょうか?

旧山手68番館の装飾は少ないんですが、他の館とは全く違った印象なので面白いです。

因みに旧山手68番館はテニスコートを利用される方の待合室?になっていて賑わっていることがあり、慣れないと入っていいものか戸惑われるかもしれませんが、入館は自由です。

その他の装飾など

旧山手68番館へ行く道の途中には横浜山手テニス発祥記念館がありますが、そちらもクリスマス装飾をされています。

サンタさんがオーナメントになっていますね
陽のあたる場所にプレゼントの飾り。可愛いです。

ちなみに、前述した山手234番館のライトアップも撮影してきました。

館内に入れるわけではなく、外観がライトアップされるだけですが綺麗ですよ。

雨の日に撮影しました

以上がpart①でした。後半のpart②では「ベーリック・ホール」「山手234番館」「横浜市イギリス館」「山手111番館」の展示をご紹介します。

世界のクリスマス2019②を見る

世界のクリスマス2018を見る

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です