<撮影>山手西洋館 世界のクリスマス2019②<作例>

横浜山手西洋館の「世界のクリスマス2019」

今回は写真が多いのでpart①、part②に分けてお届けしています。

前半では「外交官の家」「ブラフ18番館」「旧山手68番館」の紹介をしましたが、part②では残りの4館を紹介してゆきたいと思います。

part①を見る:山手西洋館 世界のクリスマス2019①

山手西洋館へのアクセスなど、基本情報についてはこちらの記事をご覧ください。

【散策&撮影】初めてでも失敗しない「山手西洋館はこう歩く」【カフェ情報も】

世界のクリスマス2019の期間と詳細

  • 開催日時 2019年12月1日(日)~12月25日(水)
  • 開館時間 9:30〜18:00

但し12/6、7、13、14、20~24は19:30まで開館

  • 会場 外交官の家、ブラフ18番館、旧山手68番館、ベーリック・ホール、山手234番館、横浜市イギリス館、山手111番館
  • 料金 入場無料

ベーリック・ホール

テーマ国:フランス共和国

装飾:エルベ・シャトラン

メインのダイニングテーブルは白が基調となっています

コンセプトが「花と火器と水のハーモニー」と言うだけあって、お花の装飾がとても美しかったです。2階の装飾が全くなかったのはちょっと寂しかったですが…(子供部屋の装飾をいつも楽しみにしているので)

シンプルで華やかなテーブルセット
お花がとにかくかわいかったです!
今年のホールの装飾はとてもシンプルでした。

ベーリック・ホールのメインのダイニングテーブルは毎回画角に収まらない!と悲鳴を上げたくなるダイナミックな装飾が多いのですが、今回はシンプルで比較的撮影がし易かったです。

山手234番館

テーマ国:ポーランド共和国

装飾:ポーランド広報文化センター / MOSTLAB㈱ / オプホット

暖炉の前にツリー。絵に描いたようなクリスマスです。

ポーランドのクリスマス装飾の見所は手付模様の美しい食器達(ボレスワヴィエツ陶器)だそうです。食器に見入ったり寄りで撮影されている方が多かったですね。

ここのメインダイニングはいかにも食卓と言う感じで家族が団欒しているところがイメージできるのが良いなと思っています。

クリスマスのアートが可愛い食器です
窓の外の木々が美しいのも234番館の魅力です

写真は撮れませんでしたが、中庭にもツリーが飾られていますので見逃さないようにしてくださいね^^

横浜市イギリス館

テーマ国:英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)

装飾:香田早智子(スタジオHANAしずく主宰)

イギリス館のメインダイニング。赤と白が可愛いです

他の館が昨年より寂しい印象を受ける中、今年も沢山の装飾が施されていた横浜市イギリス館。当然ながら写真の量も多くなります。

部屋ごとにメインカラーやテーマを決めてあるそうなのでそのバックグラウンドを想像するのも楽しいですよ。

お花も可愛いです^^
私はフルーツや食べ物の装飾に目がないのです。笑
部屋の隅にも色々ありますよ
サンルーム?テラス?部分の装飾が好み過ぎました。
もう一つのテラスルームにはミミズクが
ガラリと変わって真っ赤な装飾の寝室
大人の女性に似合いそうなお部屋です
今回の装飾で最も愛すべき装飾でした。最高。
イギリス館は窓の装飾も楽しみです

今回のイギリス館は本当にどこもかしこも好み過ぎて大変でした。テラスルームの撮影がいつも難しくて苦労していますが、今回は好みの感じで撮る事が出来ました。

24-120mmのレンズを使用しています。

山手111番館

テーマ国:カナダ

装飾:竹内薫(横浜プレミアムライフコーディネーター協会代表)

入った瞬間お迎えしてくれる可愛いツリー

アメリカと同じく比較的POPで家庭的な装飾が可愛いカナダのテーマ。メインのテーブルにはごちそうが用意されていて一番楽しい雰囲気のクリスマスかもしれません。

見所はこのサンタさん、煙突から入って来たのかと思いきや…
後ろのお部屋にお尻が!!!壁突き抜けて来てる!笑
可愛らしいミニボトルたち
チェリーパイが美味しそうすぎる…
このカップケーキはお気に入りなのでツイッターのヘッダーに設定しました^^
オーナメントに小さなプレゼントが
窓際の装飾は敢えて明るく飛ばしてふわふわに撮ってみました

個人的に撮り処満載で楽しかった111番館。極端に暗かったり明るかったりもしないので撮り易さもあります。私は食べ物装飾に目がなくてついつい寄って撮りがちでしたが引きでも撮ってみればよかったなあと。来年は広角で撮ってみようかな?

まとめ

と言うわけで今回はpart①、part②に分けてご紹介してみました。

全体的に去年と比べると装飾が少ない感じは否めませんでした。ベーリックホールの2階の装飾がほとんどなかったのが本当に残念。エリスマン邸も入れませんしね。

それでもまだまだ載せきれないくらい可愛い装飾が沢山ありましたので、皆さんのお気に入りも必ず見つかると思います。

私は食べ物の装飾が好きなので、今年もイギリス館がお気に入りでした(去年はプレッツェルのオーナメントでした)

「世界のクリスマス」は山手西洋館のイベントの中でもとても人気のあるイベントで特に期間中の土日は多くの人が訪れています。今年は20回記念のイベント等も開催されるので例年より混雑するかもしれませんね。

撮影が難しいポイントも沢山あるかとは思いますが、マナーを守ってクリスマスを存分に楽しんでみてください^^

世界のクリスマス2019②を見る

世界のクリスマス2018を見る

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です