密かな名所「彼我庭園」で横浜の紅葉を撮る

横浜の行き慣れた場所で紅葉が見たい…。

と言う事でみなとみらい周辺で紅葉探し。そして、都会の真ん中でもたっぷりと季節を感じられる庭園を自分の活動範囲の中で見つけることが出来ました!

横浜の中心地とは思えないような紅葉の風情のある写真が撮れるほか、横浜スタジアムに近い場所ならではの写真も撮ることが出来るお勧めスポットです。

それでは早速ご覧ください♪

彼我庭園の場所とアクセス

彼我庭園は横浜スタジアムの外周に位置する横浜公園の一角にあります。

JRでは「関内駅」より徒歩5分。みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩5分です。

横浜スタジアムを目指して歩けば100%辿りつけます。

少し奥まった位置にひっそりと門があり、公園自体3分もあれば一回り出来るくらいのコンパクトな作りですが四季折々の花が楽しめる地元の人の憩いの場となっています。

彼我庭園の由来

横浜スタジアムの片隅にある憩いの場です。

もともと横浜公園が「彼(外国の方)」と「我(日本人)」双方が利用出来る公園として「彼我公園」と名付けられていました。

横浜市に管理が移行されて「横浜公園」と改名。その頃に日本庭園も出来ました。より「彼」「我」の友好が深まるよう願いを込め、「彼我庭園」と命名されたのは2017年と、意外と最近の事です。

彼我庭園で撮影出来る紅葉

横浜スタジアムを背景に

まず彼我庭園で撮影する際に理解しておきたい点として、ビルに囲まれた日本庭園であるため ある程度は建物の映り込みがあること、また通勤の際のショートカットとして公園を通る人もいるため、比較的人通りはありさほど落ち着いた雰囲気ではないこと。ですね。

それを踏まえた上で、いかにも都会の中の紅葉…と言った撮影をしたり、逆にどこの紅葉の名所へ行ったんだろう?という写真を撮ったりと楽しむことが出来ます。

こうしてしまえばどこで撮ったかほとんど分かりません。笑
彼我庭園に行ったら絶対撮りたい物のひとつ。水滴が落ちる一瞬を切り取れました。
小さな橋を入れて撮影される方も沢山います
銀杏もあります。赤と黄色のコントラストが綺麗です。
見上げてみると色んな色が混ざり合っています。
12月2週目に撮影しました

2018年、2019年は紅葉シーズンに彼我庭園の紅葉のライトアップがされており、ワークショップなども実施されていたようです。2019年の実施期間は11月21日(木)~12月8日(日)となっていました。

今年は紅葉が少し遅れたので12月2週目も紅葉が充分楽しめましたが、すぐお隣の日本大通りの銀杏並木は見頃がほぼ終わってしまっていました。両方撮影するには少なくとも1週目までには行っておく必要があったようですね。

施設詳細

  • 彼我庭園(横浜公園内)
  • 所在地:横浜市中区横浜公園
  • 入園料:無料
  • 開園時間:24時間

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です